効果 美白ケア

無敵の美白対策とは?

効果を実感!無敵の美白対策 記事一覧

どうしてお肌は黒くなるのでしょうか。まず、肌が黒くなるのは、体に備わっている何らかの防御反応と捉えることが大切です。お肌はさまざまな刺激を体内にとり入れないように保護する機能を持っています。たとえば紫外線。細胞を傷つけ発がん物質も作り出してしまう紫外線を取り込んでしまうのは体にとって脅威ですよね。そのため、紫外線を浴びると、体内に侵入を防ごうとメラニンが大量に作られるのです。このメラニンは、強い日...

メラニンはどのようにして出来て、肌を黒くするのかその仕組みを理解できれば、美白ケアへの理解も深まるでしょう。お肌は大きくわけて表皮層と、ハリや弾力のもとになっている真皮層に分かれています。表皮層は、約28日周期で生まれ変わるターンオーバーをひたすら繰り返します。その表皮層のいちばん下部の基底層に、メラニンをつくる細胞「メラノサイト(色素細胞)」が並んでいるのです。メラノサイトの中には、メラニンのも...

何らかの原因でメラノサイト(色素細胞)が活性化すると、くすみやしみの原因となるメラニンがどんどん作り続けられてしまうのです。原因のひとつは紫外線。これを浴びてしまうことでメラノサイトを刺激するだけでなく、情報伝達物質やフリーラジカルを発生させてしまいメラニンの生成をますます活発にします。さらに、日焼けやかぶれによる炎症、ホルモンバランスの乱れやストレス、洗顔時の摩擦や大きな刺激もメラノサイトを活性...

透明肌から遠ざかる原因は意外なところに隠れているものなんですね。シミやくすみに悩んでいたり、なかなか美白効果が得られないという人は以下の6つのいずかにあてはまっているのではないでしょうか。紫外線対策が不十分「短時間だから大丈夫だろう」と、なんおUVケアをしないで外出したり、洗濯物をしたり、お花に水をあげたりしてはいませんか?短時間でもそれが積もり積もって、確実に紫外線のダメージが蓄積されています。...

美白化粧品の目的は、過剰なメラニンをおさえて肌本来の明るさ、白さへと導くことです。数多く販売されている美白化粧品にはいろんな成分が配合されていますよね。なかには聞いたこともないような成分をうたっているものがありますが、正式に認められている美白美容成分というものはあるのでしょうか。実は現在厚生省が認可している美白成分は以下の9つだけなんですね。厚生省認可の美白成分ビタミンC誘導体ビタミンCを化粧品に...

年々、その効果が高まり、種類も増えてきている美白コスメですが、どれをどう組み合わせれば効果的なんでしょうか。肌質や悩み、こうなりたいという目的によって多少は違ってきますが、美白効果を期待するならやはり美容液はおさえておきたいところです。美白アイテムに力を入れているメーカーのホワイトニング商品は毎年、新しいものが販売されるので要チェックです。基本のスキンケアとも組み合わせられるため、とにかく1点取り...

美白化粧品やコスメを選ぶ際、どうしてもイメージ先行で選んでしまうがちなんですよね。なんとなくナチュラルだから、お肌にやさしそうと成分をろくすっぽ確認しないで選んでしまうのです。たとえば「雪○○○」とか「ホワイト○○○○」など、いかにも美白になれそうな気がしてしまうものですが、必ずしもその化粧品に美白成分を含んでいるとは限らないのです。美白成分が含んでいなければ、いくら女優やモデルを起用していても美...

美白ケアによってどんなシミにも効果が期待できるとお考えではありませんか。実は、美白化粧品を使って効くシミと効かないシミというのがあるのです。美白成分の多くは、これから生成されるメラニン色素を減らすように作用するものであって、できてしまったシミを漂白剤のように白くしてくれるものではありません。シミのなかで最も多くみられるのは、老人性色素斑(日焼け起因のシミ)です。すでに完成された老人性色素斑ではメラ...

美白ケアには、2つの大切なポイントがあります。ひとつは、メラニンを生成をおさえるために美白成分が配合された化粧品を使うこと。もうひとつは、メラニンを排出を促進する適切なケアです。メラニン効率的に捨てる排泄美白で代表的なものが「ピーリング」。これは薬剤を使用して余分な角質をはがすお手入れのことです。ピーリングを適切に行うことによって、毛穴詰まりが起きにくくなり、肌の新陳代謝もよくなって、肌の再生を促...

美白を目指すうえでやってはいけないことは、メラニンをどんどん生成させるスキンケアです。皮ふをこすったり、摩擦を与えてしまうとメラニンが活発に作られてしまいます。洗顔したあと、ゴシゴシとタオルで拭うと気持ちがいいものですが、お肌の表面は悲鳴をあげていることでしょう。これがシミの元になっていくのです。またアイラインやアイシャドウなど、目元のメイクをこすって落とす習慣があるなら、すぐにストップしてくださ...

穏やかな陽気に「まだまだシミ対策は大丈夫だろう」と無防備なまま外出したりしていませんか?実は、本格的なシミ対策は春から始める、といっても言い過ぎではないのです。柔らかな日差しの中にもシミの危険が潜み、女性のお肌はダメージを少しずつ受け続けているわけですね。実は春になると、紫外線量が急激に増加します。その強さはなんと8〜9月に匹敵するほど!しかも冬の紫外線量に慣れきっていたお肌は環境の変化に敏感に反...

シミの生成を加速させる間違ったお手入れというのが存在します。もしかしてあなたが下記のお手入れをしているなら、すぐに中止してください。わざわざ間違ったお手入れをして、シミができる手助けをしているかもしれないのです。朝編素洗い起床したときのお肌は、毛穴に汚れがたくさん詰まった状態。寝ている間に分泌した皮脂や汗やほこりが付着しているのでお湯や水だけの素洗いでは、汚れが十分落としきれません。しっかりと洗顔...

こまめなケアで手に入れた白い肌。シミやしわ、くすみの原因にもなる日焼けなんて、絶対にしたくありませんよね。日焼けを防ぐにはさまざまな方法がありますが、一番手っ取り早いのが日焼け止めを使うこと。しかし、しっかりと紫外線を防いでくれる日焼け止めは、肌への刺激や負担も大きいもの。美肌をキープするためには、毎日のように使う普段使いの日焼け止めが肝心なんですね。では、普段使いの日焼け止め選びで気をつけた方が...

日差しが突然強くなりはじめる初夏は、紫外線対策が不十分でついついうっかり日焼けしてしまいがちな時期。美白をキープしたいのにうっかり日焼けしちゃった!そんなとき、日焼けのダメージを最小限に食い止めるお手入れの方法をご紹介します。日焼け後、肌がヒリヒリするときは……日焼けしてしまった後、肌がほてったり、ヒリヒリすると感じるときは真っ先に「クーリング」。冷たい水で濡らしたタオルをヒリヒリする場所に当てた...

page top